サン・トロぺ

「かつてグリモー湾とよばれた美しい湾に面するサン・トロペは、サラセン帝国の首都であり、峰の頂上に建てられたほとんどの村々は、外部からの侵入者の攻撃を免れることができた。現在でもアーチ形の門や小さな窓が特徴のムーア様式の家並みが残り、中庭では屋根より高いヤシの大木が茂っている。」   1887年、モーパッサ…