伝説のラスプーチンを追いかけて

かつて徒刑囚が運ばれていたこともあるトボリスク国道は、チュメニ州ポクロフスコエ村の村境付近に伸びる道だが、昔は村の中を通り抜け、グリゴリー・ラスプーチンの家の窓もここに面していた。現在ラスプーチンの家は残っていないが、その跡地の向い側には、明るい色の木造の塀と彫刻装飾枠のある、ラスプーチン博物館が…