TPPを反中協定にすると魅力減

 アメリカのバラク・オバマ大統領は2日づけの「ワシントンポスト」紙に寄稿し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を早期に承認するようアメリカ議会に呼びかけた。そうすれば国際貿易のルールを設定できると主張した。「中国などの国ではなく、アメリカがルールを書かなくてはならない。このチャンスをつかみ、TPPを通過…