しっぽを振る犬と飼い主は「愛のホルモン」が上昇 | ロイター

日本の科学者チームは、犬と人間が交流するとき、とりわけお互いの目を見つめ合うときに、人間の赤ちゃんと親の絆を強める効果がある「オキシトシン」が増加することを突き止めた。「愛のホルモン」とも呼ばれるオキシトシンは、脳の視床下部で作られ、下垂体から分泌される。感情的な結びつきや母性行動、出産、授乳、性…