焦点:イタリア首相に留任論浮上、国民投票は改憲反対派が優勢 | ロイター

イタリアは上院の権限縮小などを盛り込んだ憲法改正の是非を問う国民投票を12月4日に控え、レンツィ首相に対し、たとえ改正案が否決されても首相の座に留まるよう求める声が高まっている。首相は改正案が否決されれば辞任する意向を示してきた。外交筋によると、今月18日に欧州の一部首脳がベルリンでオバマ米大統領…