Surviosの本格派VRファーストパーソン・シューティングゲームは一見の価値あり | TechCrunch Japan

もう一度このゲームをプレイしたくなる。仮想の弓矢を使ったり、ロボットをライトセーバーでなぎ倒して腕が痛い。ドローンのミサイルを避けたり、仲間を守るために動いて心臓がバクバクしている。次の可能性で頭がいっぱいだ。またこのゲームをプレイしたい。きっとそう思うのは私だけではないだろう。