ソヴィエトの軛から脱せないジョージア(旧グルジア)の廃墟生活 | VICE JAPAN

ソヴィエト連邦崩壊から25年たった今でも、ジョージア(旧グルジア)国民の大勢が資本主義になじめないでいる。ジョージアの首都トビリシの外れに建つ打ち捨てられたソヴィエト軍病院には、仕事もなく、住宅賃貸もできない150家族が暮らしている。