米で題名に「罵り言葉」本が増加 書店など対応に苦慮

題名に「汚い言葉」が入った本はミレニアル世代やベビーブーム世代の一部で熱烈なファンを獲得している。背景には、かつて禁じられていた罵り言葉が今や許容されるようになったためだ。