これで落選は確定か?強行採決を行う売国議員の運命は

最後になって、国民の命がかかっている重要な法案を強行採決する側に回り、まるで自分が支配者になったと勘違いしているような松田公太君の議員としての将来は、これで本当になくなった。...