野々村仁清(京焼色絵の祖)と国宝の色絵雉香炉(石川県立美術館蔵)、とは(2009.12.18) - 歴史散歩とサイエンス

江戸時代、17世紀頃、野々村仁清(ののむらにんせい)によって作られた国宝 色絵雉香炉と重要文化財 色絵雌雉香炉が、石川県立美術館の第一展示室に常設展示されています。1969年(昭和44年)、金沢城址にキャンパスがあった金沢大学に勤務し始めた頃、近くの金沢伝統工芸の展示場で、この国宝の色絵雉香炉を見…