立川談志は天才落語家・桂枝雀をどう見ていたのか? | きなこなん式

こちらは福田和也さんとの対談形式で、名人たちについて語った本。晩年に近い談志が志ん生、円生、小さん、文楽、志ん朝について語ったもの。一個発見があったのは、枝雀のこと。本書ではけっこうはっきりと、枝雀の評価について話していたのだ。