団体信用生命保険でカバーできないリスクとは?

住宅ローンに付帯する団体信用生命保険は、借り入れている人が万が一死亡した時にローンが弁済されるものです。しかし、病気などで就業できなくなったときには対応できません。病気やケガで就業できなくなったときの保障制度を知っておきましょう。