脳学者が語る“脳卒中体験”がすごく気持ちよさそう!? 一切の重荷やしがらみから解放された世界らしい

脳について研究しているジル・ボルト・テイラー博士が自身が脳卒中になった体験についてスピーチ。辛い闘病生活の話かと思いきや、左脳が破壊された後の右脳世界は何の重荷もしがらみもない「安住の地」だったと振り返ります。その不思議な描写はとても気持ちよさそう。(TED2008 より)