1300年で成功者は2人だけ! 1000日間48kmを歩き続け、脱落者は即切腹…過酷すぎる「大峯千日回峰行」を終えた僧の言葉

1,300年間でわずか1人しか成功していなかった修行、「大峯千日回峰行」の2人目の達成者となった、慈眼寺住職・塩沼亮潤氏のスピーチ。奈良県・大峯山の48kmの山道を1日48km、16時間かけて1,000日間毎日歩き続け、それが終わると9日間、飲まない、食べない、寝ない、横にならないという行を続けます。この修行では「失敗し…