「成功すればヒーロー、失敗してもチャレンジャー」電通マンのとっておきの口説き文句とは

物事に対する見方のアングルを変えることによってアイデアが激しく飛躍したり、違った世界を見ることができます。そのちょっとした視点の違いを「アナザー・アングル」と名付けた電通・東畑幸多氏。日本が直面している課題の中にもアイデアのヒントがあり、イノベーションを生み出すきっかけになるのだと彼は語りました。…