神社本庁の大罪ー、日本会議の中核の目指すもの

 日本の戦後史はある意味で、右翼闇帝国の歴史である。右翼には神社本庁から1960安保で岸信介が国会に暴力団を取り込んだことによる暴力団系の右翼団体や新右翼、生長の家などの宗教団体、生長の家の日本青年協議会、さらには民間テロ右翼の赤報隊など数え切れないが、1997年の成立した日本会議にあらゆるジャンルの右翼…