学術論文:「再現性」の記述「ほぼすべてに欠陥」 - 毎日新聞

米スタンフォード大などの研究チーム発表  世界で発表された過去15年間の生物医学系の学術論文を抽出して調べたところ、同じ方法で実験すれば同じ結果が得られる「再現性」を確認するための手法が十分に書かれていないなど、ほぼすべてに欠陥があったとする分析結果を、米スタンフォード大などの研究チームがオンライン