社説:外国人実習制度 不正への対応は厳格に - 毎日新聞

 新興国や途上国の労働者が日本で技術を学ぶ「外国人技能実習制度」の適正化法が今国会で成立した。  この制度は、人材育成を通じて日本の技術を海外に伝えるという国際貢献が本来の目的だ。導入から20年以上たち、現在は中国やベトナムなどから21万人以上受け入れている。