社説:文科省天下り ルール破りにあきれる - 毎日新聞

 文部科学省の天下りあっせん問題は、省が積極的に仕組み、組織ぐるみで行われていた構図が次第に明らかになった。  OBを介在させたルール破りは、あきれるほかはない。  これまでの第三者らで構成する文科省調査班報告によると、あっせんをしていた人事課OBは嶋貫和男氏(67)で、2009年の退職直後から始ま…