尿の色がおかしい 赤、赤褐色(血尿)、黄、茶褐色、ワイン・コーラ色 症状から病気を調べる 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン

症状から疑われる病気を解説 血尿は腎臓や尿管、膀胱の病気などで起こります。がんの症状の場合も。また、肝臓や胆管の病気などで黄疸が起こると尿が黄褐色から茶褐色になります。色の変化に加え、にごりやにおいなども観察を。