示唆に富んだスーパースピリチュアル本――「イリュージョン」リチャード・バック著・村上龍訳

 先日、ある人から勧められて、「イリュージョン」リチャード・バック著・村上龍訳を読んだ。彼のものでは、「かもめのジョナサン」は若い頃読んで、感銘を受けたことを覚えていたが、「イリュージョン」はまだ読んでいなかった。この本は、現代のスピリチュアル本や自己啓発書をも凌駕する、示唆に富んだファンタジック…