民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)

保険は、それについて無知なまま加入してしまうと、かなり「ぼったくられる」余地の大きい金融商品です。しかし、多くの人がよく分からないままに金銭的に合理的な判断をせず、「愛情」だの「思いやり」だの「お守り」だのと、抽象的な言葉にダマされて大金をつぎ込んでいることが多いようです。保険会社の社員も他社商品…