白くてつやつやして細長いちいさなつぶつぶ

かゆくなった腕をかき続けているうちに、私は腕の皮膚をはがして// 無料オンライン小説です