名前のない怪物

僕はその怪物に恐怖し、魅了され、そして捕らえられた――。 深// 無料オンライン小説です