傘をたたむとき

十年前、彼女は僕の前から去った。 後追いするように都会に出た// 無料オンライン小説です