みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる「柑皮症」とは - ライブドアニュース

みかんの食べ過ぎで手のひらなどが黄色くなる症状について解説している。カロテンの過剰摂取により、色素が皮膚に沈着して黄色くなるという。「柑皮症(かんぴしょう)」と言い、病気ではないとのこと