ポスト京スパコンはARMアーキテクチャを採用 - ISC 2016 (1) ポスト京スパコンの性能目標は京の100倍

ISC 2016において、京コンピュータの後継となる次期スパコンと重点課題アプリケーションを開発するフラグシップ2020プロジェクトのプロジェクトリーダーである理研 AICSの石川裕氏が、ポスト京スパコンについての講演を行った。