埼玉大、-196℃で駆動する人のように柔らかなアクチュエータを開発

埼玉大学は6月21日、人が近づくことができない薬品中や高温・低温、放射線などにさらされた環境における駆動が期待でき、人のような柔らかさを持ったアクチュエータ(ロボット用駆動源)を開発したと発表した。