岡山大、サザエが現在まで学名を持たず、事実上の"新種"であることを解明

岡山大学は、同大学大学院環境生命科学研究科(農)の福田宏准教授が、日本では食用として広く知られている貝類のサザエは、これまで有効な学名をもたず、事実上の新種として扱われるべきであることを解明し、サザエの学名を新たに「Turbo sazae Fukuda, 2017」と命名したことを発表した。