マラリア感染が、完治後も骨量減少の原因となることを発見-大阪大学

大阪大学は、骨にマラリア原虫の生成物が蓄積することで骨に慢性的な炎症が起き、それが骨量減少の原因となっていることを発見したと発表した。