中国のスパコンが「TOP500」6連覇、だが「宝の持ち腐れ」との報道も-サーチナ

スーパーコンピューター(スパコン)は軍事や医療、気候変動のシュミレーションなどに利用され、日本や米国、中国で開発競争が展開されている。中国のスパコン「天河2号」は処理速度についての性能をランク化した「TOP500」で2013年6月より世界1位の座を保持し続けている。(イメージ写真提供:123RF)