どうなる日本の民泊、世界最大手Airbnbの可能性は? 海外メディアも注目

 2月29日、観光客に自宅などの空き部屋を貸し出す「民泊」の検討会が開かれ、4月1日に解禁する方針が示された。民泊はこれまで、旅館業法の「簡易宿所」の営業許可に基づき、客室の延床面積を33㎡以上と定めていたが、宿泊客が10人未満であれば1人あたり3.3㎡の広さでよいと政令を緩和した。これにより民泊可能物件が増…