平成26年度 日本語教育能力検定試験Ⅲの解説 問題5 : 日本語教育能力検定試験問題の解説

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題5は【ビジターセッション】です。問1 1,「正確な」日本語を使えるようにするには、学習者同士で話し合うのではなく、教師が指導するほうがよいでしょう。ビジターセッション前に行う目的として不適当です。よって、正解は1