チェルシーがモウリーニョを解任。アザールの心が折れた“ムチ”過剰。

12月17日、チェルシー2度目のジョゼ・モウリーニョ体制が終焉を迎えた。ホームでの大一番まで48時間というタイミングでの出来事だった。