高梨沙羅の客観性、人間力改革。「化粧や服装もそうなんです」

昨季に引き続きW杯で4度目の総合優勝。圧倒的な力を見せる女王・高梨だが、口にするのは「まだまだ」という言葉ばかり。平昌五輪を見据え“理想のジャンプ”を追求するべく新たな試みに取り組む、その姿を追う。