ON-MYAKU 2016

中川賢一により「音が鳴り」、白井剛が「音になる」、そして堀井哲史の映像により「音が見える」。「音の視覚化」を追求する、これまでにない新しい試み。