ボカロ動画『ワールドイズマイン』絵師のredjuiceさんが『ギルティクラウン』『虐殺器官』キャラ原案を手掛けるようになるまで

ニコニコのボカロ文化が花開き始めた2008年。「supercell」で「ワールドイズマイン」のイメージイラスト、「livetune」メジャーデビュー作のジャケットイラストを手がけたredjuiceさんは当時、まだサラリーマンとして働いていた。当時の制作秘話や、専業イラストレーターとして羽ばたいていった足跡を語ってもらった。