「活字への集中力」と「短編小説」

高橋熱です。寝苦しい夜が和らぎ、秋の気配を感じるようになりましたね。秋と言えば「夜長に読書」は定例句ですが、自身、このところ全くと言っていい程「読書していない」というか...