RustでOption値やResult値を上手に扱う - Qiita

## この記事の概要 `Option<T>` 型や `Result<T, E>` 型の戻り値を、`match` 式で判別している以下のようなコードを、 ```rust fn double_arg(mut argv: env::Ar...</t,></t>