生田斗真はなぜ“普通の女性”になりきれた? 『彼らが本気で編むときは、』で見せた新境地

荻上直子監督(『かもめ食堂』『めがね』)の5年ぶりとなる新作『彼らが本気で編むときは、』が上映中だ。世界三大映画祭のひとつに数えられるベルリン国際映画祭にて、LGBT(セクシュアル・マイノリティの人たち)をテーマにした上映作全37作品から、日本映画初となるテディ審査員特別賞と、観客賞をW受賞。生田斗真…