ソロモンの偽証 前篇・事件

宮部みゆきのベストセラーを映画化したミステリー前編。ある朝、校庭で発見された生徒の死体。警察は自殺と断定するが、後日、大出俊次らによる殺人だと訴える匿名の告発状が届く。学校の対応が後手となる中、藤野涼子は自ら真実を暴こうと立ち上がる。