船乗りの、父の心は海のようには広くない(文庫/エッセイ)

渡部優美 著 メディアになんて登場しない、あえて言うなら、普通の娘が日常考えている出来事を自虐を交えて書き綴る。 そっけない態度で会話も滞りがち、一人前になってしまった娘が、それでも慕う父親への密かだけれど確かなリスペクトが滲み出る。充分に照れながら。 精一杯正直に胸の内を綴ったエッセイに、子を持つ親…