遺伝子操作によりマウスの脳を霊長類のように変異させることに成功

マウスに遺伝子操作を施しラットの脳を肥大化させ、霊長類のような形状にさせることにドイツのマックス・プランク分子細胞生物学・遺伝学研究所が成功しました。