日本に約24万人患者がいる『慢性疲労症候群』って知ってる?5月12日は日常生活も困難な病気をみんなで社会に伝える日

「慢性疲労症候群」は、元気だった人がかぜなどの感染症などをきっかけにして、それ以降激しい疲労感や倦怠感が長期間続く病気です。5月12日は「CFS世界啓発デー」と定められていて、色々な患者さんがCFSについての情報発信を行っています。