日本に約24万人患者がいる『慢性疲労症候群』って知ってる?5月12日は日常生活も困難な病気をみんなで社会に伝える日

「慢性疲労症候群(CFS)」激しい疲労感や倦怠感が長期間続く病気です。これまでできていた家事などの日常的な作業をしたり、体を動かすだけで、体調が悪化して動けなくなることもあります。原因は不明で治療法も発見されておらず、日本ではまだ難病指定になっていないこともあり、必要なサポートがなかなか受けられない病…