美しいさみしさの奥にあるグロテスクな本音と向き合う | 紫原明子

人間が誰しもが抱く感情である「さみしい」。しかし、この便利な言葉に怠けてしまってないだろうか。覚悟を持って向き合えば、本当に望んでいるものの正体が見える、最善のときかもしれない。