「占い師は自分自身が幸せなのか?」元猿岩石の森脇和成が突撃検証!

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と知りつつもついつい気になってしまうのが「占い」。毎朝、情報番組で「今日の運勢」をチェックしてから出かける人も多いのではないでしょうか。 「来年は運命の人との出会いがあるでしょう」 「今は大殺界だから転職するのはNG」 「ラブ運を上げたいなら、ピンクの下着をつけて」