Stepharuの日常

カップラーメンを待つその3分で、あなたを笑顔にしたい