ホームレスと交際0日婚をした私がやっと見つけた幸せの形 ③私が結婚を決断するまで | STORYS.JP(ストーリーズ)

私は、たまのぶの何事も包み隠さず(素人童貞である事すらも)話す姿勢が好きになっていた。もう少し正確にいうなら、「彼」のその姿勢が私には少しまぶしかった。彼は私には持っていないものを持ち、明らかに自分の人生を楽しくしていた。私と彼はお互いに地元で行き詰まり、東京に出て来て出会ったのだが、生きる姿勢はだ…