ショートショート… 超短編小説、文学への入り口期待|アート&レビュー|NIKKEI STYLE

 ショートショート、掌編小説といった超短編小説が再び注目されている。新たな書き手たちは短い中に物語の魅力を伝え、文学の入り口となることを期待している。 「普段あまり本は読まないけれど、星新一さんのショートショートだったら読む、という人が僕…