研究不正問題――誠実な研究者が損をしないシステムに向けて | SYNODOS -シノドス-

研究不正の問題は、研究者の間だけのものではなくなっています。研究開発費には税金が投入されており、不正な研究によって投入された税金が無駄になる上に、その後始末にも費用が掛かります。STAP事件では、理化学研究所が調査に費やした費用は8千万円以上になりました。その元は国民の税金です。   税金の無駄使いだ…